2018年10月7日日曜日

こてんぱん



まさかこんなことになるとは。

前半はいい感じに攻めたり守ったりしてのだが。
前半のうちに追いついたので
なんとかなりそうな気はしたのだが
甘かった。
アースはお上手だった。


フラム  1-5  アース

シャー  44   ラカゼット 29
          ラカゼット 49
          もういいや……


やっぱり個人としての技量の差なのかね。
足技とかだけではないフットボール頭の差。
でもそれが劣っているのなら戦術で、ということなのだが。
何かがものすごく足りない。
いや、ちょっと、なのかもしれない。
GKをファブリリコリンにしたらどうかしら。
2点くらいは止めてくれたんじゃないの?
(根拠のないヤケクソ)
前半ザン坊がイマイチだったので
もっと早くKマックとかにしてたら、とか
まあ、素人ながらいろいろ思うけど。
でも、なぜティムリーを代えたんだ。
54分にAKと。
攻めの姿勢に、ということだろうが失敗した。

仕方ない。弱いから負けるんだ。
みんな、選手監督みんなが弱いからだ。

試合直後なので暴言すみません。
公式のリポートはこちらでごらんになって。


しかし、どうしたら毎試合3失点以上できるんだろうね。
フラム・ファンになって16年、
こんなにひどいスコアが続いたことはなかったような。
ほんとうに悲しいし、情けない。
DFの立て直し急務だよね。
いや、最初からそうだけど、ティムリーアルフィのけがとかで
上手くいかなくて、今に至る、のかね。
でも今いるメンバーでなんとかしなくちゃいけないのだから。
SBもなんだか不安一杯でやっぱりプレミアは厳しいよ。
どうしたらいいのか、
スラヴにはわかっているのだろうね?
スラヴにそれができないのなら去ってもらわなくちゃ、だ。
そんな意見もかなりあるみたい。
悲しい。


シャーのゴールはすごくきれいだった。
ザン坊からルチョへのパス → シャー
落ち着いて決めた(その前ひどいシュートあった)。













でも、シャーフラムにいることに驚いている人が
たくさんいたことがわかった。
すみませんね、フラムなんかにいて。


代表ウィークなので、その間に
しっかり練習してもらいましょう。
けが人(TCジョーケブちゃん)も戻ってきてくれれば。
今は耐えて苦しんで、でも、しっかりがんばったら
きっといい結果がでるよ!(根拠のない願望)

COYW!




さて、何で気晴らししましょうか。
さしより、散髪か。
わたしが頭を丸めて状況が変わるなら
よろこんで丸めるんだけどなあ。
ああくそ。


と、書きながらちょっと調べたら
「さしより」って熊本弁なんですって、みなさん!
知らなかった。
血が熊本人なので昔から普通に使ってた。
日々勉強です。







2018年10月4日木曜日

やっぱり


だめだった、グディスン・パーク。
でも、予想していたよりもだめだった。


9月29日(土)

エヴァトン 3-0 フラム


先発を見た時には、期待できると思ったのだ。
ティムリージョー先発。
そして、TCがベンチに!


ティム → サイ 8
ルチョ → TC 64
ミカ → フロー 84

その他サブ=リコリン、マックス、Kマック、ステフ

    
前半は0-0でしのいだのに、
ほんと、おんぼろDFだ。
今季すでに3失点は3試合目で、
グレイ・コーチが去ったせい、という噂。
DFのコーチがいないという。
失点してもそれ以上のゴールを決められればいいのだが
それもないんだ。
なんか、選手があたふたしてたし
ファール多すぎて
プレミア先輩の攻撃陣に対処できてなかった。
悲しかった。
サイ、特にあなたです。
けがしてしまったティムに代わって入ったが
ブラジル人リシャルリソンに相当困らされていた。
イエローもらった時は、最悪を予感した。
もちろん、セスのあのバーをたたいたシュートが
入っていれば、
ルチョがGKとの1v1で決めていてくれれば、
とか、あるけど、
結局だめだったのだから
だったら後ろの人たちががんばらないと。
いい攻めもあった、いいDFもあった、
ベッツもいいセイヴがあった。
PKも外してくれた。
でも、負けた。

悔しい悲しいでもわたしにはどうしようもないから
監督コーチ選手たち、なんとかなんとか。

公式リポートはこちらです。

素人ながら、あともう一歩、あともうひとつ
という感じはあるんだけど。
まあ、ムナシイ希望なのかもしれないけど、
いい攻めやいいDFはあるんだ。
昇格チームが学んでいる途中なのか。
まあ、ウルヴズはいいかんじですけどね。
となると、やっぱり監督なのか、という
サガン鳥栖ファンの今季の愚痴みたいになっちゃうけど。
でも、スラヴを信じてるよ。

あぶないボールを、ボックスの外だから、
ヘディングでクリアしたキャプテン・ベッツ
(ちなみに、同じことをローン先のロッチデイルでやった
ノーマンくんは相手選手と接触して一発レッドもらってた。
映像見たけど、厳しくないか?がんばれ、マゴ!)





















あ、くじ運はやっぱり悪かったよ。
リーグカップ4回戦は、マンC(A)。
試合日の11月1日(木)までには
もっと強いチームになっているはず!


と、ずっといじいじしてたけど
今日のトレーニングでのケブちゃんの笑顔見たら
なんか、大丈夫な気がしてきた!


と思ったら、ジョー(ハムハム)と
ティム(肩脱臼)がダメって。
サイ、死ぬ気でアースに立ち向かうんだよ!
ある意味チャンスなんだからね!
スラヴの腕の見せどころ!
とは言ってみても不安はつきないのだけれど……。



と、ぐじぐじしてたら
ベッツがまた代表に呼ばれたというニュース!
弱った心が喜びで震えて涙が(年寄り)。
しかし、他に人材はいないのかね、イングランド(自虐)。
と思って調べたら
プレミアのイングランド人GKで
先発しているのは5人くらいしかいなかった。
そうか、がんばれよ、ベッツ
まだ伸びしろはある!はず!