2017年3月23日木曜日

コティッジ巡礼(1)



今更感がなきにしもあらずですけど
肉体的疲労とロンドン・ロスとパソコン故障を
よろよろと乗り越えて、なんとか第1回目です。
「老後の楽しみ」的メモみたいなものですので
さらっと読み流して下さいませ。



3月3日(金)


ロンドン到着翌日は
念願の、コティジ・スタジアム・ツアー。
今回、本当にお世話になった、
フラニーさんが予約しておいてくれた。
ツアーは、月に数回、試合の前後にあるだけなので
行かれる方は、事前に
こちらで調べておいた方がよいと思います。

ビショップス・パークを抜けて、てくてく。
















10分ほど歩くと……。

おおお。

















13年ぶりのコティッジ
すでにうるうる……(ばか)。
























ステキ。かっこいい。
ほんとうに好き。
わたしたちのおうち。

アジアの島国に売られていった
我が家のビリーにとっては初めてのコティジだ。
















ジョニーさん、おはようございます。






















11時15分にカフェに集合。
おぢさんが10人くらい(とわたしたち)。
ガイドのおねえさんに連れられて約1時間のツアー開始。

















作られた当時は、この細い入口でも大丈夫だったの?





















ボックス席を見た後に、ピッチに降りて。
もうなんか、感動。

写真でたくさん見たテムズ川沿いの場所。
試合日には、ここでみんなビールを飲むんだね。


ジョージ・コーエン・ラウンジ。
コーエンさんとシャンパンが飲めて4コースのお料理やら
なにやらがついておひとり様、£238、80ですよ。

コーエンさんの代表37キャップのひとつが飾ってあった。


リヴァーサイド・スタンドからコティッジを見る。
屋根がキレイになってなんか違う人みたい。
でもドキドキする。
エライ人が座る席にすわったのだけど、ふかふか。


そしてまたピッチに降りて、ベンチに座る!きゃあ!
(黒いわたしの顔が丸い。)

なかなか、足腰の強さが求められるツアーである。




スタンド裏とか見ると、やっぱり古くておんぼろ感は否めない。
地面とかもでこぼこしてたりして、お年寄り(わたし)には
ちょっと危ない気がするような場所もあった。


いよいよ、あこがれのコティジ・パヴィリオン。
裏の階段から2階へ。


試合日に選手の家族などがくつろぐお部屋は
黒・白・赤のインテリア。
狭いのですごく混み合いそう。

選手の家族たちが観戦するバルコニー。
いすは固い。

でも、想像していたよりピッチに近かった。

バルコニーからJHスタンドを見る。

じっと座ってバルコニーを堪能したいのだが
先を急ぐガイドのおねえさん。

下に降りて次に見学したのはレフさんたちのお部屋。
狭い。
すみませんねえ、レフさんたち。
だから、いつもくそレフになるんだろうかね?



次は、なんか小屋みたいなところに設置された
監督や選手達がインタヴューを受けるお部屋。
狭い。おんぼろ。

それから、アウェイ側のドレッシング・ルーム。

こやしの元監督が「自分のオフィスより狭い」と言ったので
以前よりは広くなった、とおねえさんが説明してたような
(違ってたらごめんなさい)。
確かに、この後に行ったホームのドレッシング・ルーム
(試合前日でユニフォームなどが準備されていたので
写真禁止だった)よりは広かった。
それってなんだかなんだかだなあ。

でも、治療用寝台(?)はたくさんあった。


廊下の写真を取り忘れた。くすん。


外に出て、トンネルをくぐって選手入場です!



振り向いて、バルコニーにいる家族に手を振ったりするのである。


最後にジョニー・ヘインズ・スタンドへ。


有名な木の椅子がありますね。
座っているの辛そうだけど、大丈夫、
今季のフラムを見る時は、
椅子の端っこにいる時間が長いから!


記者席もあったけど、ものすごく狭くて大変そう。
でも、記者さんたちも、コティジ好き多いんだよね。
よろしくお願いいたします。


そういうわけで、約1時間のツアーも終了。
憧れのコティジのあちこちを探検できて
すごく楽しかった。
その反面、
設備が十分とは言えないところやおんぼろなところもわかり、
ビッグ・クラブからの誘いがあったら
行きたくなるかもしれないなあ、
今いる選手たち、よく我慢して
がんばってくれているなあ、と感謝。
もう少し我慢して昇格までがんばろう!
そうしたらお給料は上がるはずだから!


ツアー後、カフェで一休み。
たまごサンドは微妙なお味。



それから、フラム・パレスを散策。


水仙がキレイ。


13年前は止まっていた噴水もお仕事中。


建物の中を通って。


お庭にでた。
りすさんがお出迎え。
ごめんね、何も持ってないよお。



広々したお庭を通り抜けてパットニ―駅へ戻った。

まだ、お花もあまりなく寂しかったけれど
春になったらキレイなんだろうなあ。
また、来たいなあ、と心残りその①。

その後わたしは、ひとりでロンドン観光へ出かけたのだけれど
それはまた後ほど。




--------------------------------




22日、ウェストミンスターで起きたテロ事件のニュースに戦慄。
15日前にあの橋の上に立っていた。


恐ろしい。
これ以上何もありませんように。

でも、ロンドンは負けない。


#WeAreNotAgraid




2017年3月19日日曜日

息切れ



もう力尽きたのね。


フラム  1-3  ウルヴズ

デニー 54    カバ 34
          バイ 47
          エド 72


またまたゆるい失点らしく。
交代もなんだか謎で。


わたしは、「ぷれいおふぷれいおふ!」と
浮かれてはいないけど(怖くて)、
ウルヴズってなんだか相性よろしくない印象だけど、
それでも、なんだかもっと

公式見解はこちらでご覧ください。
手抜きですみません。


疲れた。
まだロンドン疲れが取れていないのに加えて(老体)、
Chromeが壊れたので仕方なしに使っている
Edgeとやらが使いにくいのも原因だと思うのだが
アナログ人間なのでどうしたらよいのやら。
とりあえず「鬼平」を読みながら寝よう。
寝るのが一番。
朝は来なくてもよい!



2017年3月15日水曜日

まあまあ



落ちつこう。
フラムができることはブラックバーンにもできる、ということだ。
全勝というわけにはいかないのだからね。



フラム  2-2  ブラックバーン

アル子 45    コンウェイ(pen)79
ゾロ 86     ルーカス・ジョアン 90+4


ポゼッションはたったの60%で
シュート数も相手に負けている。
がんばったのね、ブラックバーン。
PKを与えたのはトマ
相手エムネスの素晴らしいドレッドが目に当たったんじゃないかしら。
DBは止められなかった。きぃ~。
ゾロ、初ゴールおめでとう。
もっともっと決めておくれ。































マロ → CM 61
ステフ → ゾロ 81
ケブちゃん → デニー 87

その他サブ=ベッツ、マド、ラグ、タノス

公式リポートはこちらです。



それにしてもそれにしてもそれにしても。
ハイライト見たけど、
DFがなかなかゆるっとしてて気持ちわるかった。
デニーは守備固めじゃなかったのか。
一生懸命練習して下さい!

それでもまあ、6位にもう1ポイント近づいたのである。
じわじわと登って行くのね。
「怒涛の快進撃」なんて、フラムらしくないものね。




2017年3月12日日曜日

ダブル!



アレにダブル!
素晴らしい!


午後3時前、
よろよろと家にたどり着き
なかなか辛かったので
もう寝ちゃおうか……とくじけそうになったのだが
よかった、起きていて!
ジムおぢとジェイミーのかわいい笑顔を思い出しながら
実況を聞いたよ。


ニューカスル  1-3  フラム

マーフィ 76       トム 15
              セス 51
              セス 59


詳しくは公式でご覧ください。



セスがMFで大活躍。
しかも追加タイムにPKまで獲得してしまって。
ううそれはイラナイ~と思ったけれど
セスのハット・トリックのチャンスでもあったし
セスが……と思ったら、なぜかティムリーが蹴って
やっぱり外した。
なんなんだ、これは。
恐ろしいことだ。

試合後、ティムリーが弁解してたけど
PKを蹴るのは試合前にスラヴの指示で
決まってたそうで。
でも、試合の中でノッてる選手に蹴らせる、という手もあったのでは。
というか、選ばれてたのなら決めてよね、ティムリー

でも、首位さま相手に素晴らしい試合をしてくれた。
本当に素晴らしいチームになっている。
嬉しい。
ものすごく嬉しい!

その他の試合の結果がよかったので
6位までに2ポイント。(+1試合)
なんだかなんだか。


素晴らしい(語彙不足)ゴールをありがとう、トムセス



















2017年3月1日水曜日

ロンドン



突然ですが、ロンドンに行ってきます。
PNE戦とリーズ戦に参戦!
13年ぶりなのでものすごく不安ですが
ミーハー魂でがんばろうと思います。
コティジで、黒いおばさんを見かけたら
声をかけてくださいね。

COYW!



2017年2月26日日曜日

じわじわ



PCの具合が悪いのでちょっと記録だけ。


カーディフ  2-2  フラム

ゾホーレ 24     ステフ 17
ゾホーレ 56     ケバーノ 68



先制はしたものの、
それで安心したのか
簡単に失点してしまった。
「ソフト・ゴール」だった模様。
相手にガンガン攻められていた。
ポゼッションは29%なのに
シュートを18本(枠内8)も打たれる、って
どういうことなんだろう。
相手の攻撃意欲、チャンスを逃さない力が
すごかったということか。
見習いたいものだ。
負けなかったのはエライけど、
まだまだですな。
ケブちゃん、燃えている!嬉しい!


詳しくは公式をご覧ください。

CMがどこにもいなかった。
ストライキ?

ピアッシーがあごを骨折してしまった。
手術したって(涙)。
お大事に。
早く戻って来てね。


ウェンズデーが負けたので
6位とは勝ち点差5。
じわじわでもいい、追いついて行こう!



ジャズ、ひさしぶり!






2017年2月23日木曜日

リ!ヴェンジ!


カップ戦敗退直後で、
ひどい辱めを受けた相手だったので
心配したのだが
よい感じのフラムが戻ってきた!


ブリストル・シティ  0-2 フラム

               ピアッシー 17
               トム 54


ピアッシーのゴールは
素晴らしい組み立てで、トムの絶妙なパスが
DFを切り裂いた!(大袈裟)
トムのゴールはDFのミスからだけど
それでも、きれいに決めたね。































フロー → CM 62
ピアッシー → フレディ 70
ケブちゃん → アル子 72

その他サブ=ベッツ、マロ、パーカー、ゾロ


ブリストルはとても調子が悪くなっていて
それでも、「フラムになら」とか
思っていた人もいたかもだけど、ごめんなさい。
随分ブーイングが聞こえた。



リーグ戦初の3連勝。
これで7位。
6位まで6ポイント差。
1ゲーム余計に持ってる。
週末のカーディフ戦(A)がとっても大事。
いや、みんな大事だし、
あまりプレッシャをかけたくないけれど(自分に)。
スラヴが契約更新か、という話も聞いた。
早くお願いします。
言い値でいいと思うの!



ベテランにも負けてなかった(らしい)セスくん。