2017年1月22日日曜日

ロンドン・ダービー




コティジで負けた借りを返すんだ!
と、選手も、3000人位のファンも
意気込んだのだった。
が。

試合開始からずっとQのやつらがガンガンきて
フラムの子たちも、いつもの華麗なパス回しもままならず。
ものすごくよろしくなかったみたい。
そんな中6分にアルコがPKをもらったのに、
呪いがまだきいていたのか
フラムの中でもましだったクリッシーが止められて。
うううう。
だから、PKはいらないんですよ、くそレフ。
ここまでPKが決まらないって、新記録じゃないでしょか。
その後、ガンガン来られているうちに
Kマックのパスミス?をとられて決められてしまった。
見てないけど、頼りになるKマックがそんなだった、って
ほんとうに、ガンガン来られて焦ったりとかしたんでしょうか。
それも情けないけど、まあ、以前はよくあることだった、
ははは(ムナシイ)。
そんなイリイリの中、55分頃からラジオが死んじゃって。
かといって、それを補って余りあるような試合実況ツイートもなくて
イリイリが増し増し。
でも、75分。公式ツイッターで知った同点ゴール!!!
トムのシュートにクリッシーが足を出した感じ?
うううよかったああああ。
でもあなたがPKを決めていればもっと楽々な(略)。


QPR 1-1 フラム

マニング 25  クリッシー 75


































フレディ → デニ 45
ピアッシー → セス 77
アルコ → マット 88


その他サブ=ベッツ、マド、ラグ、パーカー

ポゼッションはフラムが76%だって。
シュートは同じ14。
枠内は4v5。
シーズン前、フラムをぼろかすに言っていたホロの戦術に負けたのか。
やっぱり決定力ですかねえ。
PKも決めてくれるようなヤツが欲しい。
切実にほしい。
このミスで、プレイオフ逃すかもしれないんだよ???

はっ!
ロス…………


公式試合リポートはこちらです。

終わりごろモメモメあったけど、大丈夫だったかしら。
ベッツが先頭にたって立ち向かっていて男らしかったけど。


試合終了時点では40ポイントで7位だったけど
その後、ダービーとバーンズリーが勝利して抜かれた。
6位までは5ポイント。
もう、ガンガン勝たなくちゃだめです。
負けなくてよかったけど、
Qなんかに「自分たちのサッカー」ができなくなるなんて、
もっともっとがんばらなくちゃです。
すぐにレディング戦(A)だからね。

でも、Qって、センターサークルに
CLみたいに丸バナー?を置いて何さまのつもりかしら。




2017年1月21日土曜日

かかっておいで女王公園監視人



明日はロンドン・ダービーだ。
悔しい思いを晴らしてもらいたい。
もうあの頃のワタシたちじゃないのよ。
でも、ランチタイムなのでてきぱき行動しなくちゃ。


ケリムがバーミンガムに移籍ですって!
3年半契約。
なんだか、少し男らしくなったかしら。
2月にお会いしましょう。






















ロスが帰ってくるって本当かなあ。
別にかまわないけど、帰って来てよかった試しがないから。
もっとこう、なにか…(わからないから黙っておこう)。
というか、よそは色々活発なのに、
フラムはちゃんとやってるんでしょうね。
噂でもふたりくらいしか名前見ないから。
でも、ファンのみなさま、わりと落ち着いている感じがするけど
スラヴを信頼しているからかしら。
久々のこの感じ……(じ~ん)。






------------------------------------------





数十年ぶりに
アラン・シリトーの短編集を読んだら
「試合」というのがあって
もちろんすっかり忘れていたのだけれど、
主人公がフットボールの試合を観戦する話で
対戦しているのが
「ブリストル市」と「ノッツ郡」だった。
まあ、今ならこんな間違いをする翻訳者はいないと望むけれど
1969年には
イングランド・フットボールの知識を持っている人は
少なかったのだろう。
河野一郎氏も、わざわざ訳さなくてもよかったのに。
なにか、地域対抗戦のようなもの、と思ったのかしら。
QPR v フラムだったらよかったのにね。
ちょっと調べたら
この短編集「長距離走者の孤独」は1959年に発表されていて
ノッツ・カウンティとブリストル・シティは
1958年の1月、FAカップ4回戦で戦い、
ノッツがこの小説の通りのスコア、1-2で負けている。
「クリスマス前にせめて一度地元軍に勝ってもらいたい」という文が
あるので関係ないのではあるが。
この頃は、ノッツの5連敗。
イライラも募ったのでしょう、
おうちに帰って家族に当たり散らし
妻がこどもを連れて家出をする、というお話。

はっ!
最近の版では訂正されているのだろうか。
確認してみよう。


<おまけ> 98/99のチーム
かわいいフィンとビッグなサム!
この年の11月にフラムに来てくれたのだった。






2017年1月15日日曜日

お帰りクリッシー!



ゲンキンですみません。



フラム     2-0  バーンズリー

クリッシー(pen)45+2
マロ  55



だってくそレフがPKをくれたりするから。
一瞬、「いらないのに~」と思ってしまった。
クリッシーがいきなり先発で少し驚いたけれど
ゴール以外もいい仕事をしていた模様。
本当に戻って来たんだよね。
調子のいい相手だったので危ない場面もあったようだけれど
へんなアタマになって戻ってきたトマをはじめ
みんなでしっかり守った。
嬉しいクリーンシート。
マロのゴールもすごかった。
よかったよかった。



 


























ステフ → パーカー 88
ピアッシー → セス 89
アルコ → デニー 90

その他サブ=ベッツ、マド、ラグ、マット

ベッツの先発をちょっと期待したのだけど。


みんな嬉しそう。わだかまりとかないんだね。
気持ちはわからないでもない、感じ?













もうひとり、帰ってきた。
お帰り、ライライ
けがなくがんばってね!




2017年1月14日土曜日

魔法使いスラヴ


バーンズリー戦前の昨日の会見で
スラヴは言った。
「全員フィットしている。トママドも大丈夫」
わ~い!
CMも出られる。問題は解決した」
おおおおおお!!!
素晴らしい。
スラヴがそう言うなら信じるし
CMもきっと心を入れ替えて活躍してくれるでしょう。
コティジのみなさんは優しい(人が多い)から
暖かく迎えてくれるのでは。


12月のベストゴールはトムが選ばれた。
おめでとう!


















ホサべドがセルタ・ヴィーゴへローン移籍。
ロダックくんが、アクリントンへローン移籍。
それぞれがんばっておいで。



FAユースカップ

ボロU18 2-1  フラムU18

ランバート 20   JDT 53
オニール 58

せっかく追いついたのだが。




よい子にしていたのに
FAカップ4回戦の相手はハルになった。
コティジにプレミアさまをお迎えする。
勝てそうな気がするのだけれど
気のせいかしら……。
魔法のせいかしら……。




2017年1月9日月曜日

カップマジック




11時30分にキックオフってなんなのよおぉぉぉ!
だったのだが、
BBCウェールズがタダで試合を見せてくれたので、
日本にいるわたしは
「そうかありがとう」と、なったのだった。



FAカップ3回戦


カーディフ  1-2  フラム


ピルキントン 8    ステフ 14
            セス 33




アウェイ応援組の700人のみなさんは、いろいろと大変だったろう。
列車が例によって遅れたらしいのでKOに間に合ったのかどうか。
でも、いい試合してくれたから、出かけて行った甲斐もあったろう。
お疲れ様でした。声聞こえたよ!


久し振りに生映像観戦だったので、ものすごく緊張した。
でも、そんな日にベッツ先発。嬉しい。
ジムおぢを消して、BBCウェールズの実況を聞いた。
試合前の解説にキットがいて、なんだか複雑な気持ち。
そして、スタジアムがガラガラなのにびっくり。
まあ朝早いので、しかも相手がフラムだし、と出足が遅いのかなあ、と
思ったのだが。

失点は、デニーが与えたFKから。
ピルキントンのが壁に当たって入ってしまった。
ベッツもなすすべなし。
なんなのよ。
デニー、今日はファール多かったよ。
でもくそレフ、フラムに厳しかったような気がする。
いいタックルに見えたのもファール取られて。
でも、すぐに、お誕生日ボーイのステフが同点に。
フレディのアシスト。
逆転ゴールも、フレディのクロス、トムのシュートがバー、
そのこぼれがいいところにいたセスに、
それを間違いなく決めた。
決めきれない選手多数あるがそれを決めた!
(オフサイド疑惑あり。かまうもんか~!!)

いつものように、ボールを持ってパスを回して奪われず、
相手のひどいパスなどもあって悠悠自適なパス生活なのだが、
パスは回るがチャンスは行かせず、な状況で
もし何かあったら……と不安一杯なのだったけれど
映像を見ていると、あまりにもカーディフがよろしくないので
なんとか勝てそうな気がした70分頃。
ジャズに競り勝つセス、とか、もう素晴らしいよ。
ジャズは出ないと思ってたのに、古巣相手の何かを期待したのか。
フレディも素晴らしかった。MOMに選ばれたよ。
本当にけがなくこのまま素晴らしくいてほしい。

いかん。映像あると口数も多くなる。

































ステフ → アデニラン 81
アル子 → ハンフリーズくん 85
セス → マロ 90

その他サブ=バトン、エドゥン(とおぢが言ったように聞こえた。謎)、ほさべえ、マット


こんな時だから、マットじゃなくてハンフリーズくんだったのかなあ。
わからぬ。でも、ハンフリーズくん、DFもがんばっていた。
みんな素晴らしかった。
もっとゴールを、と思ったけれど、DFがんばって勝てた。

ありがとう、みんな。

公式リポートはこちらでごらんになって。


ベッツはいいセイヴが一回あったくらいだったけど
よかった。フィードがきれいだった。
このままがんばれ、きっとチャンスは来るから。




試合後のキャプテン・トムへのインタヴュー。
トムのエルフ耳をじ~っと観察。

観客は5199人。
J2並みではないか。
そんなに、日曜日の11時30分は厳しかったのか。
FA、色々反省などして下さい。

すでにいくつかの番狂わせが起こっているけど
4回戦の抽選、どうかそろそろ籤運よいように。
ずっといい子にしていましたからなんとかなんとか。




2017年1月7日土曜日

新年いろいろ




移籍窓は開いた。
噂もほとんどないのだがスラヴは意欲満々な模様。
ロスが戻ってくるとかいう話をちら、と聞いたがどうだろう。


---------------------------



キャヴがハートリプールへローン(今季一杯)。
キャムがオールダムからベリーへローン先替え。
そんなこともあるのね。
ずっと先発だったし、
よくがんばっていたようで嬉しいがチームは最下位。
ベリーも残留争いの仲間なので厳しい試合は続く。
シェックルフォードくんは11月からウィールドストーンで
修行中。




----------------------------



エヴァンズくんが、
レクサムとの契約延長交渉がうまくいかなくて
退団するそうなのだが、心配だ。
試合にはずっと出ていて、ファンのみなさんにもすごく
惜しまれていた。
早く新しいクラブを見つけてあげて、代理人さん。



------------------------------




トムのウルヴズ戦のゴールが12月のベストゴールにノミネート。
みんな、投票しよう! → こちら
スラヴは月間最優秀監督にノミネートされたけれど選ばれなかった。
(選ばれたのはヒュートン)
ステフはPFAのファンが選ぶPOTMにノミネートされたけれど
だめだった。
これも投票だったが、リーズにはかなうはずもなかった。
リーグが選ぶ候補には入らず。
悔しい。でも、候補になるだけでも大進歩だよね。
この調子でがんばってください。
PKの練習もしてください、みんなで!



-----------------------------



デンちゃんが£20mとか£30mとかで
ウェストハムから望まれているという噂。
いよいよプレミアかあ。
セルティックはまだ売らないとは思うけど。



------------------------------



ジェイミー・オハラは「セレブリティ・ビッグ・ブラザー」
とやらいうTV番組に出ているのだけれど
楽しいのかなあ。楽しいんだろうなあ。
元同僚たちはちゃんと見ている模様。
楽しいのかしら……。




------------------------------



明日はFAカップでカーディフへ。
TV放映があるのはいいけれど、
そのために?11時30分にKO。
それなのに、ロンドンからの始発列車は
カーディフ着が11時頃だそうで、
決まった時から非難ゴーゴーだったのに
強行されてしまった。
みなさま、お気をつけてお出かけください!
ジャズはいない(けが)が
フラムは代表で行っちゃったフローケブちゃんの他
トマがまだだめですって。
マドも怪しいので、CBはティムリーラグになるわね。
でも、大事なのはリーグ戦。
あんまり無理をさせてはいけないものね。
マロ、古巣に恩返しの時!

早く戻って来てね!




























2017年1月3日火曜日





フラム  1-2  ブライトン


ピアッシー 55  へメド(pen) 74
          ダンク 75   



これまでとは違ってガンガン攻めていた。
でもチャンスを活かせず、
もらったPKもステフが止められて
誰がPK蹴ればいいのよ問題が続くなか
クリッシーはいない。くうううううううう)
同点にされ逆転され…………。
あっという間の逆転ってやっぱりお強いのねブライトン。
なにかがフラムとは違うんだ。
PKを決めていれば(ぐちぐち)。
どんな失点かはわからないけど、情けない。
一瞬のスキを、2位さまにつかれたのかしら。
ハイライトを待て(見られるかしら…)。

いや、ブライトンなので負けるかもとは思っていたけれど
こんなに、くやしい、というか情けない状況だとは
思っていなかったので、もうもうほんとにほんとに悔しい!
悔しい悔しい悔しい~~~!
































マット → ハンフリーズくん 68
ピアッシー  → デニー
Kマック → ケブちゃん 88

その他サブ=ベッツ、セス、イーダンくん、パーカー



ストッコが活躍した。
悔しい。
全部禍人のせいだ。
くやしい。くやしい。
絶対に勝てると思ったので、本当に悔しい。
まだまだまだまだまだ、なんだね。
がんばれみんな。
マット、がんばれ~!!!

公式リポートはこちらで。