2018年4月16日月曜日

ひとつひとつ



悔しい。


4月14日(土)


フラム 1-1 ブレントフォード

ミトロ 70   モペイ? 90+4


94分なんて、悔しすぎる。
がっかりすぎてまだ映像見られない。
全体として
あまりよろしくなかったように聞こえたのだけど。
疲れてる子もいるのかなあ。

いや、負けてないし
21戦負けなしで
本当にすばらしいのだけれど。
でもでも。
ダービーで追加タイムゴールって
ほんとうに、く・や・し・い!

公式リポートはこちらでね。



でもでも、
昨日のEFLアウォーズで
セスが五つの賞を獲得したので
ものすごく嬉しくて誇らしくて
心がほかほかになって
悔しいのが少し薄まった。
セスが受賞したのは以下の通り。

Championship Player of the Season Young Player of the Season Team of the Season Apprentice of the Year
Club Developed XI

セス家のトロフィーキャビネットは
フラムのより大きいのだろうなあ。
スティーヴだってもらうかもしれないし、
クリスおにいちゃんだって、ね。
おめでとう、セス
ありがとう、セス
かわゆい!























あと3試合。
「泣いてる暇はない」とスラヴも言っている。
(ごめんね、泣いてました。)
誰だって昇格したい。
気持ちだけではだめだけれど
気持ちがないとだめだと思う。
よそのサポーターさんたちからも
認められているよいフットボールをしているので
そして勝ってきているので
強い気持ちで自分たちを信じて。
最後まで集中して行こう!

とか、わたしが何を言っても薄っぺらいなあ。
落ち着け、わたし。

いろんなことを考えてしまうけれど
不吉なことの方が多い悲観主義者。
試合の始まるずっと前から吐きそうだし
試合中悪態をついたり叫んだり
ムカついたり泣いたり騒いだり
ほんと、辛い趣味。
まあ、フットボールは趣味とは言えないのかもだけど。
幸せな時も一杯もらえるからやめられない。
ファンとして、ひたすら応援するしかない。
ひとつひとつ。

COYW!!!


2018年4月13日金曜日

ひとつひとつ


因縁の相手。
勝ちたい。
不安で早めに起きちゃう午前3時。


4月10日(火)


フラム  1-0  レディング

ステフ 25


ありがとうみんな。
ほんとうによくがんばりました。

前半の前半、相手がガンガン攻めてきて
ものすごいピンチが何度もあったけれど
なんとかなんとか身体をはって守ってくれた!
フラムもよくパスを回してチャンスを作ったが
ミトロ、全然枠に行かない日だったね。
そんな中、マットのよいアイディアのよいパスに
ステフが走りこんですばらしいゴール!
ゴールって、ほんと、元気でるよね。
ゲンキンなくらいにね。好き。


公式リポートはこちらで。

いつもは公式のMOM投票はしないのだけれど
この試合はびゅんと飛んで行ってティムリーに一票!
今季は本当にすばらしい仕事ぶりなのだけれど
この試合で改めてしみじみとすばらしさを噛みしめたので。
みんなも同じ気持ちだったらしく選ばれたよ!















いや、ほかの選手たちもすばらしかったのだけどね。
特に、マットセスの左サイドの連係すごくいいし
マットが蹴るCKはゴール前にいる子の頭に当たるんだもの。
これってほんとうにしばらくぶりのことだよね。
マットは絶対に手放してはいけないよ、エライひと。
ミトロもね。
わかっているとは思うけれど。


20試合負けなし。
クリーンシートも信じられないくらいたくさん。
怖いくらい順調。
でも不安は減らないのよね。
ファンは心配性なのである。
あと4試合。
ブレントフォード(H)
ミルウォール(A)
サンダーランド(H)
バーミンガム(A)
前の3試合はTV放映に選ばれてしまって
生映像みられない(怒)。
しかも、そのせいで日程変更されて
夜の試合になってしまって身体辛いよ(怒怒)。
まあ、ロンドン・ダービーだし、
プレイ・オフ圏内争いもあるし
サンダーランドは残留かかっているしね。
映像がないと不安は10倍増しだけれど
早起きして応援がんばるよ!
みんなのこと信じてる!

今日の時点での順位表を見てみましょう。
ちょっと幸せ。
でも、気を引き締めて。
































COYW!!!





2018年4月9日月曜日

すばらしい


もう、何も言うことはありません。
本当にすばらしい試合だった。


4月7日(土)

シェフィールド・ウェンズデイ 0-1 フラム

               ミトロ 78

ずっと圧倒していて
でもチャンスを活かせず
怖い場面もあり
攻め疲れってないのかしら、と不安になり
でもみんなで守って
みんなで勝とう!という気持ちは感じた。
後ろのみんながすばらしい守備を見せてくれた。
真ん中の子も前の子もいい守備してた。
そして、チームって、
お互いのプレイを理解しなくちゃだめだよね。
チームメイトの好きなプレイとかくせとか
どう動くかということを理解すれば、いいパスだせるよね。
今のフラムは、それができているのではないかと思う。
本当にすばらしい。



セスのいいクロス、よく決めてくれたミトロ
ほんとうにすばらしい決定力!
ありがとう。
ありがとう。














公式リポートはこちらです。


なんだか、無敵な感じがちょっと芽生えたりしたけど
そんなに甘くないはず。
でも、みんなには、気持ちよく
自分たちの試合をしてもらいたい。

明日はコティジでレディングを迎え撃つ。
なんとかなんとかもう祈るしかないです。
信じてる!

COYW!!!!

2018年4月7日土曜日

ひとつひとつ


4月3日(火)

去年目の当たりにした
TCの劇的同点ゴールが今なお愛おしいリーズ戦。
いつも、なんだか、理由なく不安な相手なのであったが。

大丈夫だった!




フラム 2-0 リーズ

Kマック 33
ミトロ 63



きのうやっとリプレイを見た。
本当にすばらしい。
みんながそれぞれの仕事をものすごく高いレベルで
やり遂げてくれて。
ミスもお互いに補って。
すばらしいチーム!
一番のクライマックスは
ベッツの、1v1のすばらしいセイヴからの
2点目のゴール!
実況だけではどれくらいの危機だったのかは
わからなかったけど
映像を見たら、息が止まった。
本当によく勝ちました。

公式リポートはこちらです。


2点目のゴールシーンを何度でも見よう!





プレイヤー・オヴ・ザ・マンスに選ばれたよ、ミトロ
5試合5ゴールですよ。
すばらしい。
本当に来てくれてありがとう。
ミトロを取ってくれてありがとう。




スラヴも月間監督賞にノミネートされていたけれど
カーディフのアレが取ったよ。
醜い。ううう。
スラヴはどうすればいいの。
あ、いや、年間監督賞に選ばれればいいのね!
そうだそうだ。
それでいいのだ。


そして、
全世界のフラム・ファンがウルヴズを応援する中
金曜日の夜に行われた
カーディフvウルヴズの試合、
ものすごい展開の末
ウルヴズが0-1で勝利!
追加タイムにふたつのPKをもらったカーディフだったが、
最初のはラディが止めて、
2つ目はクロスバーに当ててしまった。
試合後のカーディフ監督の態度がひどかった。
もともとすごく嫌いだったけど、
絶対に負けたくない気持ちが更にむくむくと。
勝ち点差は5。
今日、アウェイでシェフィールド・ウェンズデイ戦。
緊張で具合が悪い。
選手のみんなは、平常心で気持ちよく試合できますように。
一試合ずつ、しっかりと戦っていこう。
COYW!



2018年4月3日火曜日

聖金曜日


イースターなので金曜日のお昼の試合で
気づくのが遅くてちょっと慌てた。
アウェイだし、いつものように不安一杯だったけれど
大丈夫だった。
すばらしい!

ノリッジ 0-2 フラム

         ステフ 66
         TC 70


大体においては圧倒していた。
もちろん相手がガンガンくる場面もあったし
危機はあったがみんなでよく守った。
相手の下手さにも助けられたと思う。
ありがとうございます。






















54分にセスフローに代わってから
ゲームが変わった、という意見が多かったけど
フローもがんばっていたと思う。
PK疑惑(フラムがもらえてただろうx2)とか
相手へのレッド・カード疑惑もあったけど
そんなのもものかは、勝ち切った!
すばらしい。
本当にすばらしい。
こわいくらい。
でも、こわいくらいじゃないと上がれはしない。
信じて見守ろう。
応援しよう!

公式リポートはこちらです。















明日はリーズ戦。
去年の3月のリーズ戦、コティジにいたんだ、わたし。
ロスタイムでのTCの劇的同点ゴールが
昨日のことのように思い出される。
今度は勝とう!
きっとやってくれる。
わたしはわたしができる精一杯のことをする!

COYW!



ジョージ(22歳)がパパになったよ!
息子のカーターくんが3月31日に生まれた。
おめでとうおめでとう!
パパ、がんばれ~!

@steve_willo35 さんのお写真。ジョージのパパみたい。



















2018年3月21日水曜日

負けない



負けてないけど、
ものすごくみじめに負けた気分になった試合後。
現地TV放映だったので映像が見られず、
どのくらいひどいできだったのかわからず
いらいらして、がっかりの度合いも増したのだと
思う。



3月17日(土)


フラム  2-2  QPR

TC 32      ルオンゴ 45+3
ピアッシー 45   ウゾレク(?)81























昨日やっとリプレイを見た。

雪が降って、風が強くて、ものすごく寒くて
みんなタイヘンだったろう。

前半は、圧倒的なポゼッションで
いい感じに攻め立てていたけれど
実らないことも多く
相手のしっかりしたDFに攻めあぐね、みたいな
感じもあって
やっとTCが決めてくれて
ピアッシーが追加点、だったんだけど
2-0は危険なスコアだ、と恐れていたら
追加タイムにゴールを決められてしまった。
FKから。マットの落としにルオンゴ。きいぃ。
しかし、追加タイムは1分だったのに、
なんで+3分なんだ???
くそレフめ。その名はクリス・キャヴァナ氏。

「今季一のひどい後半」などという意見もあって
見るのが怖かったのだが、
恐れていたほどひどくはなかったと思うけど。
チャンスもあったし。
でもそれを活かせず。
ベッツのすばらしいセイヴ(マットのシュート)や
DFのがんばりでリードを保っていて
なんとかこのまま終われそうかな、と思ったら
デニーのミス。
ボールをキープできず相手に奪われて。
何をしたかったんだ?
このところいい仕事してただけにがっかり。
ベッツが止めてくれてたらよかったんだけど、とか言ってみる。
珍しくスタッツもひどくてなんだか不安になる。
79分の交替もなんだか。
TCセス → ルイオジョ
守備的に、というわけじゃないものね。
どういう意図だったのかしら、スラヴ

公式リポートはこちらです。


ダービーで勝てなくて悔しかったけれど、
数日経ってやっと、
「16試合負けなし」というクラブ新記録の
すばらしい仕事をしているんだ、と思えるようになった。
2位を、と思うから焦るのだろうけれど
すばらしいチームであるのは間違いない。
1試合ずつしっかり戦っていこう。
ボルトンがヴィラに勝ってくれたので
3位になっている。
これから何があるかわからない。
シーズン初めにあれやこれやで勝ち点取れていれば、
と思ったりもするけれど仕方ない。
これがフラムだものね。



リヴァーサイド・スタンドの改修が承認された。
よくわからないのだけれど、
地元のハマースミス&フラム行政区?の
委員会?みたいなところで公聴会?が行われて?
とにかく改修に関して、地元での話し合いがあったのね。
ほんのりとした不安を抱いていたのだけれど
(地元住民の反対がいつもあった印象があるので)
承認されて、本当によかった。
なんだか、ものすごくおされな感じになるのよね。















工事は2019年の夏から始まるらしい。
この新しいコティジに行けるように
がんばって生きていこう。



代表ウィークなので少し、ゆっくりできる。
フラムの試合がなくて心安らぐ。
これって何なんだろうなあ。
フラム・ファンをやめた方がいいのではないか。
でも、なぜかやめられない。
なぜなぜ。

代表のみんながけがなく帰って来ますように。

COYW!


2018年3月14日水曜日

東方野獣



またやってくれた!


3月10日(土)

プレストン 1-2 フラム

マグワイア 76  ミトロ 69
          ミトロ 90+1


もうすばらしすぎて
何と言ったらいいのかわからないので
言わないでおこう。
いや、全般的にはあちらの方が
ガンガンきててこわかったんだ。
あんまりよろしくないように見えたのだが
相手のミスもありなんとか耐えてきて、
交代で入ったサイのすばらしいクロスが
ミトロにばっちり。
失点はベッツが止めるべき。ミス。
でも、それ以外では
ベッツも含めDFがんばっていた。
決勝ゴールは、スローインから
TCのふんわりクロスにどフリーのミトロ
ふんわりヘディング。
夜更けにものすごい声で喜びの絶叫。
ジムおぢの涙声実況、最高!

強い!























公式リポートはこちらでございます。

きびしい試合でも勝ち切れたのがすごい。
みんな、すごい。
ミトロは5試合で7ゴール。
少し前に襲ってきた寒波になぞらえて
フラム・ファンが呼び始めたのか
「The beast from the east」は
やっと来た理想のストライカーであるような気がする。
強い、賢い、上手い。かわいい。
もしかの時には
ルイAK47もいるし。
MFのゴールももっと見られるでしょう。

さあ、あと9試合。
これからは自分たちより下位のチームなので
不安が増すよね。
フラムだものね。
ロンドン・ダービーもみっつあるし。
でも、まあこれを乗り切れないようなら
昇格の力はなかったということさ。

もっとたくさんこんなシーンを見たい!














今朝早く行われた試合で、
不本意ながら、QとBを応援していたんだよ。
しかし、Qはアウェイでがんばってヴィラを負かしたが
Bはホームで先制したくせにカーディフにぼろ負けた。
ウルヴズはレディングに快勝。
他力はほとんど期待できないんだなあ、と思い知らされる。
自分たちでひとつひとつ勝っていくしかない。
そして天命を待つ。


土曜日のQ戦のあとは、代表ブレイク。
TCKマックがスコットランド代表に呼ばれたよ。
コスタ・リカとハンガリーとのフレンドリー。
ブライアンがグラスゴーに来るよ。
Kマックはシニア初招集!
やっと認めてもらえた。嬉しい!
発表前にU23のグラント・コーチが
代表アシスタントになっていたので
彼の推薦なのかも。
活躍してほしいけれど、けがはしてほしくないので
なんとかどうぞ無事に帰って来て。
とてもとても大事な身体なのだから。

そのほかの代表のみんな。

Senior squad

Floyd Ayité (Togo) – Friendlies
Tom Cairney (Scotland) – Friendlies
Cyrus Christie (Republic of Ireland) – Friendly
Ben Davis (Singapore) – Friendlies
Tomas Kalas (Czech Republic) – Friendlies
Neeskens Kebano (Congo) – Friendly
Kevin McDonald (Scotland) – Friendlies
Aleksandar Mitrović (Serbia) – Friendlies
Oliver Norwood (Northern Ireland) – Friendly

Under-17s

Luca Ashby-Hammond (England) – Friendlies

U18のベン・デイヴィスくんが
シンガポール代表なのには、おお、となったけど
シニアに呼ばれたの、すごくない?
ものすごく応援する!

トマ呼ばれているけれど、けがしているのでは?
何事もなく帰って来てくれますように。



ブレイク後の
ノリッジのアウェイ、売り切れました。
2000枚。
フラムはアウェイ・サポが少ないと
いつもばかにされていたのだけれど
この好調だし、近いし。
みんな、幸せに戻ってこられるよ、絶対に!

ああもうなんかすでにおちつかなくてばか。
代表フレンドリーは楽しもうね。





2018年3月10日土曜日

すばらしい


3月6日(火)
4時にちゃんと起きた。
エライぞわたし。
でももっともっとエライのは
フラムのみんな!


フラム  3-0  シェフィールド・ユナイテッド

ミトロ 31
ミトロ 44
TC 61


すばらしい。
ほんとうにほんとうにすばらしい。
何も言うことはありません。





















最初、ちょっと攻め込まれて
ベッツの出番があったりしたけれど
みんなで乗り切って
主導権を握り、離さなかった。
我慢強くボールを回して組み立てていくのが
時には、身をよじりそうになったけれど
実ってゴールになった時の爽快感!
ミトロの、さすがストライカー、という2ゴールには
うっとりしたし、早朝に大声出た!
一緒にゴール前にころがっていたステ吉、ごめんね。
でも、前半早い時間に
カメラがとらえていないところで
ミトロがエルボー攻撃を受けていたのだが
やったのがステ吉という現地からの報告があり、
まあ、自業自得的な。
お帰り、ステ吉

公式リポートはこちらですね。

かわいいミトロ鉄人28号(年が……)。

















ボルトンに引き分けてから
厳しい日程でどうなることやら、と震えていたが
ヴィラ(H)2-0勝利
ブリストル・シティ(A)1-1引き分け
ウルヴズ(H)2-0勝利
ダービー(A)2-1勝利
ブレイズ(H)3-0勝利
15ポイントのうち、13ポイント獲得できた。
すばらしいすばらしい。
でも、これに浮かれずしっかり仕事してくれるだろう。

2月の最優秀監督にノミネートされていた
スラヴだが、カーディフの監督が受賞ってさ。
同じく負けなし2月だけど、勝ち点で負けてた。
く・そ。
ティムリーが最優秀選手にノミネートされていたけれど
バーンズリーのFWが選ばれた。
く・そ。
くやしい。後ろの人は本当に不利だよね。
でも、ティムリーのすばらしさを、EFLのエライひとが
認めてくれてるというのは嬉しい。
そうだよ、賞なんかもらわなくても
ぼくらのティムリーはEFLで一番のCBなんだよ!


明日はプレストン(A)。
このところ2連勝してるしアウェイだし
しっかり気を引き締めて。
キャプテンもゴール決めたし
自信をもってガンガン行ってほしい。

 











COYW!!!!


 

2018年3月5日月曜日

アウェイでの戦術が



上手くいったねえ、とか言ってみたいのだけど
そんなことを語る知識もなく、
ただただ嬉しさにふるふるしている。
なんかみんなすばらしすぎてこわい……。


3月3日

  ダービー  1-2  フラム

 ハドルストン 68   ミトロ 10
             セス 22


最初にゴールネットを揺らしたのは相手で、
でもそれがオフサイドだったのが3分頃。
やっぱり恐ろしい相手だああ。
みんなしっかり~!
と、震えていたのだが
CKからの攻撃でミトロが先制してくれた!
蹴ったのがマットで、マイナスでステフに、という
多分トレーニングで練習しました、なのだったけど
DFに当たったボールがミトロの足元に落ちてきて
それを逃さず決めきれる技術!
3試合で3ゴールなんです。
本当に強くて、DFをものともしないし
すばらしいストライカーだね。
前からのDFも、下がってのDFもしっかりやってくれるんだ。
ニューカスルはどうして貸してくれたんだろう。
なんか今初めてあの禿げた人に感謝している感じ。
その後も一進一退の攻防で
シュートはあちらさんの方が多い感じで
でもセスが2点目を決めてくれた。
ステフのらぶりパスだったね。
でもちゃんと決めきれる、というのがすごいよ。
ほんと、すごすぎてもう何と言っていいのか。
セスが欲しいなら1兆円持ってこい!とか言いたい。

でも0-2は危険なスコア。
この日の昼間に、それをJリーグで立て続けに味わったので
ものすごく不安だった。
後半は相手がガンガンきて、でもみんなよく守って
攻めもあり、という一進一退なかんじではあったが
なんとか、1失点で耐えてくれた。
追加タイムでの、みんなのがんばり、
ベッツのすごいセイヴ、
本当にすばらしかった。
死ぬかと思った。





















もう、だれがどうとかではなくて
みんながほんとうにすばらしい仕事をしてくれた。
TCがやっとベストに戻ってくれたみたいなのが嬉しい。
MFでボールを操っていた。翻弄していた。
たくさんファールをうけていたのがむかむかだったけど
たいしたことがなくてよかったよ、本当に。

公式リポートはこちらです。
スタッツも見てね。

この勝利でライヴァルのダービーの上に行けた。
4位。
でも、混みあっているからね、
ひとつひとつしっかり戦っていこう。

次は、明日の夜、シェフィールド・ユナイテッド。
この前の試合ではなんとか勝ったのだが。
でもホームだから、要塞コティジだから。
と期待しているけれど。
わたしが4時過ぎにちゃんと起きられますように。













ベッツ、だんだんよくなっていると思う。
でもアレやコレや、まだもっとがんばらないとね。
ほんとうにがんばれ!


こんなに順調なのがすごく嬉しい。
でも怖い。
浮かれるな、でもがんばれ、


2018年3月3日土曜日

うちの子!



ロンドン・フットボール・アウォーズ2018で
セス
ヤング・プレイヤー・オヴ・ザ・イヤーと
EFL・プレイヤー・オヴ・ザ・イヤーの2冠を獲得!
すばらしい!
おめでとうおめでとう!
ああもう本当に自慢の息子!
かわゆい!
































監督部門では、スラヴも候補だったが、
ロイが受賞。
まあちょっと悔しいけど、ロイもうちの子ですので。




2月28日に行われた
FAカップ5回戦リプレイ、スパーズ戦で
先制されたロッチデイルで修行中の
ハンフリーズくんが同点ゴールを決めたよ!




これで目が覚めたのか、
結局6-1で負けてしまったけれど、
ウェンブリーで決めた初ゴール、
一生の思い出ね。
ご家族や友人、フラムのスタッフも
観戦に行っていたらしい。
でも、本当に立派に育ったねえ。
同僚のだれよりも大きかったよ。
デイルの残留のために、がんばれ!





















イングランドは大雪の日が続いて
あちこちで試合が延期になっている。
今日のダービーには1700人以上のサポーターが
出かけていくようで
試合はできるみたいだけれど
道中いろいろとタイヘンだろうな。
みなさま、お気をつけて。
勝ち点3でぬくぬくになりましょう!

思えば、去年の今日はロンドンにいたんだなあ。
早く戻りたい……。





2018年2月28日水曜日

怖い……



首位のウルヴズに勝っちゃった!

現地TV放映があったので映像は見られず
DAZNでの放映もなくて悲しかったが
ジムおぢジェイミーを頼りに応援しましたよ。



フラム  2-0  ウルヴズ

セス 38
ミトロ 71


ほぼ満員のコティジ
ウルヴズ・ファンも大勢来ていた。
ものすごく不安で
起きないでおこう、と揺らいだわたしを
あざ笑うかのように、
みんな、最初からすばらしかった。
もちろん、ピンチもあったけど
でも、みんながものすごくすばらしかった!
MOMを選ぶのに悩むくらいに
みんな、本当にすばらしかった。
でも、ティムリーかなあと思っていたら
公式投票でもティムリーだった。
本当に本当に嬉しい。
TVが選んだのはミトロだけど、
もちろん、ミトロもすばらしい仕事ぶりだった。







 














公式リポートやスタッツはこちらでね。

ホーム8連勝。
12試合負けなし。
セス、本当にいつもいいところにいる。
その嗅覚が£35mなのかね。
言っときますけど、セスはLBじゃないですからね。














こんなに大騒ぎされていて
心も揺れ動くのかもしれないけれど、
セスのツイッターでの発言は今まで通りのいい感じの子。
ご両親の教えがいいのか
フラムのアカデミー教育のおかげか。
フラムが昇格したら残ってくれるのではないか、という
かすかな期待。
すでにスパーズと契約してる、という噂。
でも、いいよ。セスが望むようにしていいよ。
何を選んでも、引退するまで応援するよ。



U18ユース・カップ準々決勝の
実況中継があるというので、
今朝、4時過ぎに起きたよ。
相手はスカムで、ダービーですからね。
会場は雪の積もったコティジだった。
前半はけっこうこられてなんとか耐えていた感じだったが
後半に入ってOGで失点してから、どうしたんだ?

フラム 0-6 スカム

まあいろいろは公式リポートをご覧ください。
もう、3失点目くらいからは、どうしたらいいの???
って感じ。
PKもらったのに、セイヴされるし。
もう、スカムのやりたい放題感がむかむか。
まあ、仕方ない。
少年たちはわたしより悔しいのだろうから
もっともっといい選手になるために
がんばっておくれ。

スティーヴ・セスがCBだったのにびっくりしたけれど
いい仕事していた。
若いうちに色々なポジションを試せるのはよいよね。
でもDFとしては悔しいスコアだ。
きいいいいい。

ジムおぢジェイミーが実況していたのだけれど
ジムおぢが「絶対にスカムの名前を言わない」というのを
確認できて面白かった。
選手の名前は呼ぶけれど、
チーム名に関してはいろいろな工夫で言わずに済ましてた。
すばらしいです、ジムおぢ



土曜日はアウェイでダービー戦。
プレイオフを争うライヴァルだからね。
負けたくない。
本当に負けたくない。
でも、フラムのフットボールをすればいいんだよ。
自分たちのフットボールをすれば絶対に勝てる!
COYW!!!!



2018年2月24日土曜日

まあひとまず


きびしい試合だった。


ブリストルシティ 1-1 フラム

  リード 35      ミトロ 14



ミトロ初ゴール!
デビュー戦のサイラスがブーツの外側で蹴った
すばらしいクロスがぐいーんと曲がってミトロの元に。
でも、そのほかのチャンスを活かせないままに
相手のロングスローやらいいクロスやら
こちらのミスやらでものすごく怖かった。
枠内シュートが1本だけだったの、ありがとう。





















負けなくてよかった。

公式試合リポートはこちらです。

ミトロ、ラリアットされてた(怒)。
レフがなあ。














今日は首位のウルヴズ。
この2試合引き分けていて、少し調子が?と
期待したくなるけれど
ここ数年、全く勝ててない相手なので
ものすごく不安。
十分に準備してくれているでしょうけど。
でも、TV放映があるせいか、
KOが17時30分(うちのあたりでは、午前2時30分)
なので起きられるかどうか。
「わたしが寝ていると勝つ」説もあるようなないような……。
まあ、寝ていても心配で悪夢を見るので
がんばって起きようね!





キャヴが移籍してしまった。
シャムロック・ローヴァーズへ。
地元のチームなんだね。
現在ダファがスタッフにいるとか。
2011年にフラムにやってきて
2014年にはファーストチームデビューも果たしたけれど
なかなかレギュラーというわけにはいかなかった。
ローンから戻ってきてもPL2の試合にしか
出られなかったから移籍も仕方ない。
さっそく昨日のダンドーク戦に交代出場していた。
がんばってね!
代表で見られる日を待ってる!




















2018年2月19日月曜日

川岸要塞



試合前に具合が悪くなって
このまま寝てしまおうとも思ったが
やっぱりものすごく心配で
なんとか起きだした。
強敵アストン・ヴィラ戦。























トムが久しぶりの先発!
無理してないか?大丈夫か?
FWはアレク
ルイはベンチにもいない。
寂しいけど仕方ない。


前半は、
ボールはたくさん持っているが
チャンスもあるが
シュートはなかなか打てず。
枠にもいかず。
相手のチャンスの方が恐ろしかった。
でもなんとか耐えた。
ポゼッションは70%超えという。
ボールを持っていれば大丈夫というものではないね。
セスが消されていたのがなかなか新鮮だった。
でも、大丈夫なのかと不安だったが。




大丈夫だった。
ティムリーの素晴らしいDFとパス出しと
Kマックのどっしりとした存在と
両サイドバック、フレディマットの駆け上がりと
アレクの、前からの守備も含めた仕事ぶりと
トムのすばらしいパス回しとか
ほかのみんなもそれぞれに素晴らしい仕事をしてくれた。
そして生まれたゴールは、なんとセス
フレディのクロスにどフリーで。
本当にいいところにいる。
セスって、ぼんやり画面を見ていても
びゅ~んて走ってくるのがわかるんだよね。
前半、苦しんでいたのにめげずにがんばった。
そのメンタルがすばらしい。
ほんとうにすごい子だ。
そして、追加点がびっくりなやつ。
相手GKが蹴った、ボックス外からのFKのボールが
フローの足元にぴったりと来て
それを、フローがハーフウェイ・ラインあたりから蹴ったら
無人のゴールに見事に入った!
コティジ大騒ぎ!
実況席も絶叫!
わたしも夜更けに大声きゃ~~~!


フラム  2-0  アストン・ヴィラ

セス 52
フロー 71

その後もしっかり落ち着いて守って攻めて。
よくがんばりました。
ほんとうにすばらしい試合でした。
みんな、ありがとうありがとう。
ヴィラの連勝記録を止めてやった。
元スカムのアレを負かしてやった!!!
コティジのみなさんの、アレへのブーイング、
とても楽しく聞いていましたよ。
なかなか厳しい試合でしたね、
お~ほほほほほほ!

公式リポートはこちらでね。

ぼくはフラムの子!(涙)













ホーム7連勝!
でも、取らぬ狸なことは考えず、
1戦1戦がんばっていこう!



そして、今朝、
FAカップ4回戦。
ハンフリーズくんがいるので気にしていた
ロッチデール v スパーズ。
なんと、2-2!
ロスタイムの同点ゴールで
ロッチデールがリプレイを勝ち取った。
ウェンブリーだよ!
ハンフリーズくんは75分に、
同点ゴールを決めたデイヴィスと交代したのだが
なかなかがんばったらしい。
先制ゴールのアシストのアシスト、とアイスホッケーでは言う。
日本では「先制ゴールに貢献した」と言ってもらえる。
フルマッチのビデオ観戦中なんだけど、
ほんとに大きくなったねえ、誰よりもがっちりしてる感じ。

試合後のドレッシング・ルーム。
みんな嬉しそう。
ウェンブリーでもがんばれよ!



















ノーマンくんが契約延長。2019年まで。
嬉しい。おめでとう!





















9歳からフラムにいて、もう21歳なんだね。
一番の古株なんだ。
GKのポジションはひとつしかないから
ものすごく大変だと思う。
しかも、ノーマンくんは、ユースの試合にも出られないから
ファースト・チームの練習に参加できて、
アウェイにも一緒に行くけど
ものすごくもやもやしてるんじゃないか。
どうしてローンに出さないのだろうか。
第3GKとしていてほしいのかなあ。
つらいところだね。
でも今はトレーニングがんばるしかないのだよね。
がんばれ!



2018年2月16日金曜日

悔しい



悔しい。
悔しくて数日どんより。
勝たねばな試合だったのに。
下位の相手なのに
これからの日程が厳しいのに。
でも、これがフラムである。


  ボルトン 1-1 フラム

ル・フォンドル 61  マット 4


元キャプテン、年間最優秀選手だったティムリー
ことあるごとにブーイングなボルトンファン。
恨んでいるのかねえ。
ごめんね。




先制は思いがけず、なぜそこにいたんだ、なマット
すばらしい。
初ゴールおめでとう!
しかも4分て。理想的じゃないか。
これからガンガン押して行って
さっさと試合を殺してしまおう!

と、全世界数十万人のフラム・ファンが思ったのだが
そうはいかなかった。
まったくいかなかった。
どうしてそうなんだ、きみたち。

公式リポートはこちらでご覧ください。

でも仕方ない。
失点以外の、心臓が止まりそうなピンチも
しっかり守ったし
アウェイで勝ち点1は決して悪くない。
次からもっとがんばればいいんだ。
このところ絶好調のヴィラとはいえ
要塞コティジだからね!
メルボルンから帰ってきたロスコ
どうしてるんだろう。
ヴィラ公式ではまだローン中になっていた。
いないものと思いたいのか。
元スカムのアレはインフルエンザとかに
かかってないかな。

トレーニングの写真集がこちら
ケブちゃんの新しいヘアと
あいかわらずのトマの薄着ぐあいと
あいかわらず人一倍着込んでいる
ノルウェー人に注目です。

テーマはなんなの、ケブちゃん?














2018年2月10日土曜日

うちの子たち



セスがチャンプオンシップの
月間プレイヤー・オヴ・ザ・マンスに選ばれた。
PFAのPOTMにも選ばれて2冠!
すばらしい活躍だから当然なのだけれど
そんな17歳がアカデミーから育って
まだフラムにいてくれる、ということに
胸が熱くなってくる。



代表のキットお披露目にも呼ばれたよ。
すばらしい。嬉しくてもうなんだか。













スタンダード紙に
スティーヴと一緒に取材された記事が載っていた。
ものすごくちゃんとした子たちなのを再確認。
ご両親の教育とフラムのフットボーラーとしての育て方に感謝。
どこに行っても、一生全力で応援し続けるよ、ライアン
もう、どこかに行ってしまうと思い込んでいるけど、
ビッグクラブからの誘いにはよく考えないと。
試合に出られないとだめでしょ。
多分、そんなことよくわかっていると思われるセス家。
フラムで昇格したとしたらどうなるのかなあと思うけど。
スティーヴフラムで「コーエンフィナン以来の」最強RBに
なってもらいたいので、がんばれ。ものすごくがんばれ!
差がでているのをどう受け止めているのか
どう消化しているのかが心配だったけれど
大丈夫そう。
ライアンがすごすぎるんだものね。
スティーヴも代表だし、ファーストチームで出てるし
ちゃんとすごいんだ。
長男クリスがいいキャラのお兄ちゃんなのがいいのかも。
すばらしいセス家。

セス双子の記事はこちらでご覧ください。

サン紙が見開きで特集してたんだけど
写真が、ケブちゃんだった!
恥ずかしい、というか大笑い。
誰もサンなど信じてない。
「新しいベイル」というのもなんだかだねえ。

















U18が、ユースカップ準々決勝に進出!

プリマス 1ー3 フラム

ロロス 23   サントス・クラス  69
         カルヴァロ 103
         ハリス 109


先制されたけれど追いついて、
延長戦で逆転できた。
この、カルヴァロくん(発音?)は
ものすごくゴール決めてる印象。
そして、ずっとすばらしい仕事をしている
GKのルカ・アシュビー・ハモンドくんは、
109分に与えたPKを止めた。
この子はほんと、止めるんです!
すばらしい。
次はスカムかスパーズかのロンドン・ダービーなので
更に燃えましょう!

公式リポートはこちらです。

試合後のうちの子たち。
かわゆいなあ。
黒のキットがかっこいい。



ルカのお兄ちゃんTayeくん(発音?18歳)もGKなんだよね。
そして、ノーマンくんの弟妹(多分双子)もGKなんだよ。
どうして、同じ道行っちゃうんだろうなあ。
マーク・シュウォツァーの息子もGK。
ベッツのパパもGK。
DNA的なもの?
なんか不思議。
でも、みんなうちの子!




今日はボルトン戦(A)。
勝たねばな試合なのだけれど
このところ盛り返してきているボルトンなので
最下位に負けたフラムなので
もう不安しかない(いつものごとく)。

でも、多分大丈夫なんだ。
大丈夫なはず。
お祈りして、
試合日のいつものルーティンして
ジムジェイミーと一緒に見守るよ。

COYW!



2018年2月6日火曜日

嬉しい!



アシュカンお里帰り。
嬉しい。
ブレーダも来てくれた。
嬉しい。
勝ちたい。勝たねば……でも恐ろしい。
と、いつもの試合前だったが。


フラム  2-0  ノッティンガム・フォレスト

ピアッシー 67
ステフ 90


ものすごい危機もあったが乗り切った。
みんなで補い合って勝った。
すばらしい。

マットが先発。
サイアレクがベンチ。
フローも戻ってきた。
嬉しいのだけれど
若い子のチャンスが減ったということね。
武者修行に行けたらいいんだけどね。





















前半は、チャンスはあるけれど………といういつもの感じ。
ミスからの危機もあったがなんとかベッツが阻止した。
セスがころんだり、倒されたりする場面がけっこうあって
ものすごく心配で身をよじったよ。
これまではほとんどけがもなく順調に育ってきたけど
もし、今セスがけがをしたらと思うと……ああ、恐ろしい。
相手の拙攻にも助けられてニルニルでHT。

HTになったら、「あなたはこれ見られませんよ」という
メッセージが出て、映像も止まったのだけれど
そんなはずないでしょ?お金払ったでしょ!と
リフレッシュしたら、動いた。
諦めない気持ちが
ブレーダを見逃さなかった!
HTにアイヴァンにインタビューされるブレーダ
もう、かっこいい。大好き!
何の話かはわからなかったけれど
その背後でウォームアップするアシュカンの姿。
なんかもう、ありがとうございます。

後半ピアッシーのいいゴールで先制し、
その後もいい感じだったので
ああもうこれで大丈夫かなあ、とちょっとのんびりしていたら
85分頃、トマがボールを取られて攻められて
ああもうこれはダメ~~と息ができなかったのだけれど
なんと、ベッツが素晴らしいセイヴ!
その後の攻めも止めてすごいすごいすごい!
批判もあるベッツだけどこれはものすごくいい仕事。
まだまだ若いGKなのだから、しっかり鍛えられて
もっともっといいGKになってほしい。
そして、相手DFのトラップミスを逃さなかったステフ
ボールを奪って落ち着いて決めた追加点。
すばらしい素晴らしい!

先発のマットとてもよかった。
ルイもがんばっていたけれど、
替わって入ったアレクもよかったと思う。
フォレスト・サポさん、大勢来てて声も大きくて、
サポさんたちの負け惜しみで
フラム・ファンは静かすぎる、クラッパーの音だけじゃん」と
言われていたけれど、まあそうかもだけど、
映像で見ていると気にならないものだ。
お~ほほほほほほ!

すみません。
本当に嬉しいです。

公式リポートはこちらで。
リーグ5連勝。5位。
2位ダービーまでの勝ち点差は6。
2018年は、
FAカップでセインツに負けたけれど
リーグ戦は5戦5勝。16ゴール、2失点。
なんか怖いくらいの順調さなのだけれど、
これはもちろんまぐれなどではなく、
みんなががんばってきた結果なんだ。
圧倒しているわけではなくて
危ない場面もたくさんあって
みんながお互いのミスを補いあって
勝ち取った勝利なんだ。

これから上位相手の厳しい試合が続くけれど
耐えよう。
がんばろう。



スラヴがこのところ着ているベンチコート、
チラ見した時はいい感じに見えたけど、
リプレイでぢ~っとみたらそんなにステキでもなく。
ああいうのが欲しかったんだけど。
クラブも、広告塔としてスラヴにあれを着せたのかもだが
£160では躊躇する。













かといって、これもなんだか。
ダサいよ!
めがね男子はかっこいいけどね。
みんなの笑顔かわいいし。







もしほしい方がいたらこちらから買ってね。


2018年2月1日木曜日

移籍窓2018冬


非常にひっそりしていたので
最悪の事態を恐れながら寝たのだったが
起きたら、来てた!
ふたりも来てた!

サイラス・クリスティ
25歳。右サイドバック。
アイルランド代表。
ボロから3年半契約(延長あり)。
お値段は秘密。
でも、これでフレディが……とか
不安もあるけど。
なんとか2人共存でうまくいかないか。
久しぶりのアイルランド人(といっていいのかわからないけど)
なので、すごく嬉しい。
アイルランド人RBがフラムを(再び)昇格させるんだ!

サイと呼んでもいいかしら。














そして、アレクサンダー・ミトロヴィッチ
ストライカー!
23歳。ニューカッスルからローンで。
セルビア代表。
不勉強なわたしはよく知らないのだけれど
みんながすごく喜んでいるので
(ニューカッスル・ファンは悲しんでいるので)
きっとすごくいい選手なのに違いない。
189cmで、熱いタイプの模様。
サイドからのクロスにがつん!というのが見られるのね。

ミトと呼ぶと不吉だから、アレク。













アンデルレヒトへ行くはずだったのが壊れて
フラムにくることになったようで、
まだ、フラム・シャツを持った写真がないの。
今日のトレーニングには参加しているみたい。
ゴールをたくさん決めてちょうだいね。
そして、あの、くXでXはげを悔しがらせてやろう。
ニューカッスルは落ちてしまへ~~!
プレミア10位以下は、ものすごくコントンとしている。


大切な子が誰も去らなくて本当によかった(涙)。
マットも含め、なかなかよい窓だったが
試合で結果がでなければ意味はない。
若干の時間がかかるのは仕方ないが、あと4ヶ月、
目標に向かってみんなでがんばろう!


カイトくんが、スコットランドのロス・カウンティへ
武者修行へ行った。
カイトくんは初ローン。
ものすごく北だし、色々大変だろうけど、がんばれ!

ラファが去って行った。
契約解除で。
どうしてかうまくいかなかったねえ。
毎年そういう選手が何人もいるのが悲しいけど
仕方ないのだろうね。
でも、ラファはポルトガルの
ポルティモネンセと契約できた模様。
がんばれ!

アシュカンがノッティンガム・フォレストに来たよ!
次の試合はフォレストなんだけど
コティジにアシュカンが戻ってくるのね!
楽しみ。でも、負けないわよ!















2018年1月31日水曜日

自業自得


というか、のんびり屋さんめ。


バーンズリー  1-3  フラム

リンジー 30     セス 49
            Kマック 90+2
            セス 90+5



先発はこうでした。






















バーンズリーは
前の会長クラインさんがお亡くなりになって
選手もファンも悼む気持ちがとても感じられた。
最初からガンガンきていて、
フラムの選手たちはなんだかアタフタしてして
もう、ひどかった。
ほんとヒヨワなんだから(怒)。
ベッツのよいセイヴもいくつかあったが。
失点は、コントンとした中で
ベッツへのファールあったんじゃないのかい??
という感じだったけれど、
その前に相手のゴール・キックのクリアを
ティムリーがきちんとしておけばよかった、ともいえる。
ベッツは相手のハンドを主張していた模様(イエローもらった)。
ああやっぱりそうなるか、みたいな気持ちになった。
昨季みたいに「いやまだまだ。大丈夫」とは
まだ、思えなかったから、どんより。
シュート全然打てないしFKひどいし。
そしたら、なんと、45分に相手カヴァレとやらが
ステフのタックルに怒ったのか
後ろからどん!と押してしまって
2枚目のイエローで退場!
数的有利、なのではあるけれど
10人相手の試合が難しいのはよくあること。
きっと、遅延行為がんばってくるんだろうなあ、
がっちりDF破れるのかなあ、と
不安が募るハーフタイムであった。
前半はシュートが7v1。
枠内なし、というテイタラク。
後のKマックのコメントによれば
HTにけっこう厳しい感じの反省会があったようだが
それが功を奏したのか。

奏したんですね。
セスのいいゴール。
いい時間。
それからは、生まれ変わったかのようによい試合ぶりだった。
後半からデニーに代わって入ったマットもいい感じ。
でも、なんとかなりそうだがなかなかならなかった。
アウェイでドローなら……と思ってたら
やっぱり、なんとかしてくれた。
相手GKのゆったり作戦のおかげで追加タイムが5分。
コントンの中でKマックが決めた逆転ゴール!
倒れていながらも、よく打ってくれた。
夜中に叫んで家族を起こすタイプのゴールね。
今季初ゴールおめでとう!
そして、カウンターからセス11ゴール目!
すばらしい。本当にすばらしい。
ケブちゃんもいいクロスだったよ。

セスって、ほんといいとこにいるんだ。
その嗅覚が素晴らしい。
17歳でそれができているというのがすごい。
天才かもしれないけれど、それをきちんと育ててくれた人がいる。
フラムのアカデミーの
ヒュー・ジェニングズ・ダイレクターの功績ですよ。
とても上手に大切に育ててくれている。
技術だけではなく精神もね。
他にもたくさん有望な選手がいるので楽しみ!

これで、なんとか暫定6位になったのだけど、
その他の試合は火曜日(今朝早く)行われ
なぜかいい感じの結果が多くて
6位にとどまれた。
2位のダービーまでは6ポイント。
がんばれば、自動昇格も可能。
わあ。
なんだか夢みたい。
みんなよくがんばりました。
これからもよくがんばりましょう!



さて。
今日は移籍最終日。
噂はほとんどなく、去っていく人ばかり。
書いてなかったかもだが、ラグがFCロストフへ。
本当に期待したのになあ。難しいものだ。
昨日発表されたのはモロ
契約解除。がんばれよ。
ファッションセンスも磨けよ!

ユースでは、
ミキ(姓は難しすぎて書けない)が
レギア・ワルシャワへ完全移籍。
ハンフリーズくんがロッチデイルへ武者修行。











ジョージがセント・ジョンストンへローン。
寂しいけれど、ローン先で大活躍してくれればいいんだ。
そうしたら、またフラムでチャンスがあるかもしれないし
もっと違うチャンスがあるかもしれない。
大好きなユースの子たちだから期待するよ。
がんばれ~!!!

トムが、プレミアの降格するかもなクラブからのオファーに
揺れ動いている、な報道があり
もうばかじゃない、フラムで一緒に上がろうよ、
と思ったが、バーンズリー戦に同行もしなかったので
何かあったのかも?
と心配したが、今日は「オファーは断られた」という
話も聞いたのでちょっと安心したが
なにがあるかわかりません。
恐ろしい移籍窓最終日。
これ以上誰も去りませんように。
お祈りするしかない。
なんとかなんとか。
そして、よければ、FWとCBを。
なんとかなんとか。




2018年1月23日火曜日

要塞コティジ



リーグ戦ホーム5連勝!
2000年12月以来!
しかもすばらしい試合!



フラム  6-0  バートン

ルイ 18
ピアッシー 34
ルイ 38
セス 72
セス 79
AK 88


最下位チーム相手なので不安しかなくて
実況陣も「早いゴールを」と言ってて
でも、チャンスはあるがなかなか、といういつものヤツで
でも、ピンチはほとんどなく
やってきた18分。
ルイ、嬉しいよ!
2ゴール目もストライカーらしくて見事。
ルイはできる子!
今季まだ3ゴールというのは寂しすぎるけれど
これで自信倍増して
本来の実力を発揮してくれたら
ストライカーの補強いらないかも?
まあ、この冬の移籍、さっぱりなんだけどね。
スラヴが怒って去って行かないくらいのことは
してもらわないと。
ジャガーズのシーズン、惜しかったけどいい感じに終わったので
これからはフラムの方に力入れてください、カーン家
まあそれはともかく、お誕生日のピアッシーもいい仕事。
ティムリーセスフレディKマックオリー
とにかくみんなみんなすばらしい仕事ぶり、ありがとう!
ベッツは、ロングボールに相手FWが来たところ
ボックスぎりぎりだったので、ヘディングでクリアしたとこが
かっこよかったよ。
雨降って寒かったのか、スラヴはロングコートを着ていた。
かっこよかった。ふふ。
もう一人のお誕生日ボーイ、キャプテンTC
64分に出てきてから十分によかった。
けがの具合が心配だから、あまり無理しないでほしいけど。

公式リポートはこちらです。
スタッツとかも見てね。

コイントスに勝ったバートンがサイドを変えたので
なんなんだよ、人でなし~と思ったけど
前半にハミー・エンドに3ゴール見せられたので
よかったね!

ポルトガル語で語り合える仲間。すてきな写真。














新しい人きた!

マット・ターゲット
サウサンプトンからローン。
22歳。レフトバック



プレミアに無関心なわたしでも知っている有望な若手選手。
来てくれて嬉しいありがとう。
世間(スパーズあたり)が
「じゃあ、セセニョン売るんだね」と喜んでいる雰囲気あるけど
違います。
セスはレフト・バックではないです!!!
セスはレフト・ウィンガーなんです!!!


去った人も。

マドが。
オーストリア・ウィーンに行ってしまった。
好きだったのに。
いい仕事してたと思ったのに。
2年で30試合くらいしか出られなかったんだね。
それなのにものすごく印象深い。
悲しい。残念。
でも、これはフットボール・ファンの宿命。

ジョーダン・グレアムがウルヴズに戻った。
もう、なんで獲ったんだよ、という移籍だったね。
まあよくあることなんだけど。悲しいけど。
U23ではいい仕事してくれた。
ありがとう。


移籍窓あと少しなんだけど。
噂もほとんどないし。
まあ、ルイが化けるので(希望)
セストムが残ってくれれば
何もなくてもいいかも。

2018年1月17日水曜日

ボロボロ?



戦前には、悪いことしか考えられなくて
そんなタイトルが浮かんでいたのであった。
なんとかドローでも、と思っていたのだが。


が。

ごめんね、みんな!


1月13日(土)


ミドルスブラ 0-1 フラム

          オリー 95(PK)



わーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
深夜に大騒ぎ!
追加タイムにPKもらって(もらったのもオリー
それを決めるなんて、フラムじゃない!

まあ、映像を見ると、ソフトかなあ、とは思うけど、いいのだ。
よく決めてくれました。
オリーがいてくれてよかった!
オリーは日々PK鍛錬を怠らないすばらしい
PKテイカーなんだ。
それに付き合っているGKたちにもいい練習になるんだ。
ありがとう、これからもよろしく!
でも、その時にオリーがいないこともあるので
他のみんなもPK練習がんばってよ!

この試合のレフは、
トマがボロの選手を倒したのをおとがめなし、として
ボロ・ファンに大ブーイングされてたけど
その選手は先に、トマの首に手をかけていたので
正しい判断でしたろう。
いや、ほかのくそレフだったら、PK取られていたかもなので
トマ、もちょっと気をつけておくれ。

先発はこんな感じ。





















前半、トラオレとやらに、セスが困らされているような感じで
ボロのサポさんは、
セシニョンがなんだよ、うちのトラオレの方がすごい」
などとおっしゃっていた模様だが、
トラオレは、早いし強いし恐ろしかったけど
いかんせん、ゴールを決められないタイプらしい。
この試合、ボロは枠内シュートなかった!
スラヴは、後半トマを入れてセスをMFに上げて
それから、フラムは随分いい感じに攻め立てていたね。
ティムリーよかった。すごくよかった。
トム温存だったけどMF三銃士よかった。
でもトム早く戻ってきてね。

公式リポートはこちらでございます。
すばらしい勝利ありがとうございます!

PKゴール後のみんな。
セスのお顔がほんと、喜びを表している。
セスっていつもそう。
なのでサポーターの心をわしづかむのであるよ。














やっぱり子供の時からいたクラブへの愛なのかなあ。
でも、多分、近いうちに去っていくんだね。
なんとか残ってくれる術はないものか。
あ、昇格か?

プレイ・オフまで1ポイントになった。
でも、混みあっているのでそれは無視して
自分が勝てばいいのです。
移籍窓中なので、いろいろ心配だけど
この位置まで這いあがってきたのだから
会長、なんとかなんとか、お金をなんとか
スラヴの欲しい選手をなんとか(祈)。
ジャガーズがずいぶん活躍のようで、
浮かれてらっしゃるだろうけど
池のこちら側もお忘れ亡きようなにとぞ。


マドが去った。
試合にずっと出られなかったしベンチにいない時もあったから
行っちゃうのかなあ、悲しいなあ、と思ってたのだけど。
オーストリア・ウィーンに帰って行った。
来てくれてから、CBでがんばってくれて
いい選手だと思ったんだけどなあ。
他に誰が来たわけでもないのになぜ、
スラヴマドを使わなくなったんだろう。
なにかがスラヴの好みではなかったんだね。
でも、惜しむ声は多くて、愛されていたよ。
これからは、オールトリア・ウィーンのツイッターを
見守ろう、と思って見に行ったらこんなのが!
メディカルチェックなんだけど、なんかちょっとヤダ。
マド、がんばれ~!







ロスが「Aリーグ一年目で最速で一杯ゴールを決めた」
みたいな選手になった模様。
フリー・キックもPKもたくさん決めている。
(昨季、こんな人がいてくれたら……)
フラムを去ったらひどい展開になった
選手のひとりになってしまったと
心配していたら(なんかほっとけないタイプで)
いい感じに活躍していて嬉しい。
Aリーグだけど、
若干まだぽっちゃりしてるけど。
がんばれ!

ロスのゴール集をご覧ください。




2018年1月8日月曜日

さらばFAカップ



くじ運悪いとはいえ、
まあ、若干は期待してなくもなかったのだが。



FAカップ3回戦

フラム  0-1 サウサンプトン

         ウォード-プラウズ 29


思いがけず普通に強いチームで臨んだ。
よく知らないけど、相手も強いチームぽかった。



























チャンスもなかったわけではないけれど、
枠内1本(シュートは7本)じゃだめでしょう。
まあ、それが決まっていればリプレイというわけだが。

やっぱりDFの成長とかチャンスを逃さないFWとか
世間に愚痴らない監督とか太っ腹なオーナーとか
いろいろいろいろいろいろ必要だ。

ベッツTCはけがではなくお休みだったよう。
なので、ベンチにはノーマンくんがいた!
初めてだよね?(記憶力が……)
いけないことだけど、DBに何かあって
ノーマンくんが出てくることになったらどうしよう、
嬉しい、と一瞬ハラハラというかなんというか(ばか)。
GK問題は夏までは続くのだろうから、
ノーマンくん、うんとがんばればチャンスはあるかもしれない。

公式リポートはこちらです。

こんなものが売られていた。
プレミア相手だからだろうね。
誰が買うんだろう。
余計な赤字を生まなかったことを祈りまする。















わたしよりも、もっともっと悲しく
FA杯にさようならしたサポータのみなさんもたくさんいた。
例年になく多かったのではないかしら。

ヴィラ 1-3 ピータバラ
ブレントフォード 0-1 ノッツ・カウンティ
QPR 0-1 MKドンズ
ニューポート 2-1 リーズ
ノッティンガム・フォレスト 4-2 アーセナル
コヴェントリー 2-1 ストーク

あと、格上クラブからしたら悔しいリプレイも多数あり。
これが、FAカップの醍醐味なんだね。

一番嬉しかったのは、コヴェントリー。
4部のチームがプレミアのストークに勝った。
しかも、決勝点はジャック・グリマー
決めたのは68分だったので、そのあとの、
多分、怒涛な攻めを守り切ったんだね。
本当にすばらしい!
そして、その後、ストークの監督マーク・ヒューズは解雇!
お~ほほほほほほ!
ただの解雇でも(笑)だけど、
あの、フラムをばかにして去って行った
傲慢なやつのくびを切ったのが
フラムが育てたグリムだったというので
全世界100万人(推定)のフラム・ファンは
なおさら喜んだことでしょう。
そりゃもちろん、子供じみた復讐心なんだけど、
これは仕方ないです。
憎まれても仕方のないことをしたのだから。
ありがとう、グリム
右サイドバックとしては果敢にドリドリと
駆け上がったすごくいいゴール。
リヴァプール時代のWBA戦のフィンのゴールみたいな。
映像見たのに保存してないわたしのばか。
今更探してもネットの波にまぎれて見つからない。
日本からは見られない映像も多いし。
フットボール・リーグ紙の表紙を飾ったよ。
すばらしい。おめでとう。
ご家族がスコットランドから来てたらしいので
さらに嬉しい家族孝行なゴールになったね。






















うらやましいことです。
本当に。
カップ戦のわくわくが続いたのは
いつまでだったかしら(遠い目)。

リーグ戦に専念できるので
(この言葉いつも悔しくて悲しいけど)
プレイオフ目指してがんばろう!
エライ人たちも、これじゃだめだと思ったでしょうから
どうかお財布開けてください。
スラヴの意見を聞いてください。